TRX®リップトレーニング 高強度インターバルワークアウト(HIIT)プログラム

高強度インターバルワークアウトは、コアの筋力とパワーを向上しながら、代謝機能も高めることができる、非常に効果的かつ効率的なワークアウトです。

関連ポスト:TRXリップトレーニングを使った高強度インターバルワークアウト(HIIT)

リップトレーニングの基本

パワーハンド:レジスタンスコードに近い手
ベースハンド:レジスタンスコードから遠い方の手

ボディポジション
正面:アンカーポイントに正面する
後ろ向き:アンカーポイントに背中を向ける
横向き:アンカーポイントに横向き

図1

ワークアウト:1 ラウンド 10分

初級者: 1ラウンド
中級者: 2ラウンド
上級者: 3ラウンド

各エクササイズにつき片側30秒 (休憩なしで両サイドを行う)
各エクササイズの間に30秒間の休憩

1.リップパドルボードロウ

ポジション:正面   ベース:ゾーン1 パワー:ゾーン4

スクワットしながら、パワーハンドをひき、ローイングをする。

図2

 

2.リップウィンドミル

ポジション:横向き ベース:ゾーン1 パワー:ゾーン4

スクワット動作をしながら、バーの先で円を描く。

図3

3.リップピッチフォーク

ポジション:正面 ベース:ゾーン1 パワー:ゾーン4

かがみこんでバーの先をアンカーに向ける。たちあがると同時にパワーハンドを後ろ斜め上方向へひき、ベースハンドは胸の位置に。

図4

4.リップサムライストライク w/ ステップ

ポジション:後ろ向き ベース:ゾーン1 パワー:ゾーン4

アンカーに背を向け、オフセットポジションをとり、バーエンドはアンカーの反対方向に向ける。前の足を一歩踏み込みながら、パワーハンドで押し、ベースハンドで引き、バーをストライクする。後ろの足はピボットさせる

図5

5.リップ 90度ジャンププレス

ポジション:横向き ベース:ミッドゾーン、パワー:ミッドゾーン

ジャンプして、アンカーに背中をむけるように、身体を90度回旋させる。同時に、腕を伸ばして、バーを胸の前から前方に押し出す。着地はやわらかく。

図6

6.リップオーバーヘッドアックスチョップ

ポジション:後ろ向き ベース:ゾーン1 パワー:ゾーン4

アンカーに背を向け、オフセットポジションをとり、バーエンドはアンカーの反対方向に向ける。後ろの足はつまさきでピボットさせながら、パワーハンドを伸ばし、バーを上方へチョップ。ベースハンドは、パワーハンドの肘の下あたりにくるようにする。

図7

 

 

コメントを残す