TRXサスペンショントレーニングの基本エクササイズの一例

長さの目安

ショート(S:短い)調節タブを一番上に引き上げる
ミッドレングス(M:中間)調節タブをミッドレングスマークに合わせる
ミッドカーフ(MC:ふくらはぎの中央)フットクレードルの先端がふくらはぎの中央に来る長さ
ロング(L:長い)サスペンショントレーナーを一番長くした状態(フットクレードルの先端が床から8-10センチになるのが基準)

TRXスクワット

squat

長さ:ミッドレングス

サスペンション トレーナーに向かって立ち、体の両脇で肘を曲げます。尾てい骨を床 / 地面に向かって下げます。かかとで地面を押して立ち上がります。

 

TRXチェストプレス

chestpress

長さ:ロング

サスペンショントレーナーに背を向けて立ち、両腕を肩の前に伸ばして体を傾けます。腕立て伏せをするように腕を曲げて体を下げ、腕を伸ばして体を起こします。

 

TRXプランク

plank plank2

長さ:ミッドカーフ

フットクレイドルにつま先をいれ、うつぶせになります。前腕を床につけ、体を持ち上げ、耳、肩、腰、足首が一直線になるようにします。両手を床について行うこともできます。

 

TRXハムストリングカール

hamcurl hamcurl2

長さ:ミッドカーフ

フットクレイドルにかかとをいれて、仰向けになります。両手は体の横に置きます。かかとでフットクレイドルを下に押しながら、両膝を胸の方向に近づけます。慣れてきたら、まず腰を上げ、腰を上げた状態を保ちながら、両膝を胸の方向へ近づけるようにしましょう。