サスペンショントレーナーを使用する際に気を付けてほしい6つの注意点

1.適切な姿勢を保つ

posture

2.たるませない

slack

3.プーリー運動をしない

sawing

4.こすらない

scrape

5.正しいポジションに入るまでスタートしない

基本はターゲットとなる筋肉群が収縮している状態がスタートのポジションです。正しいポジションから始めることにより、可動域を最大限に使って、効果的、効率的なトレーニングを行うことが可能になります。

6.エクササイズをやめない

サスペンショントレーナーのエクササイズは強度の調整が簡単にできるため、子供からお年寄り、アスリートまで誰でも行うことができます。ですから、ワークアウトの途中できついなと感じても、負荷を軽くすることにより、セット数または時間にしたがって、トレーニングを行いましょう。

参照: エクササイズ強度の調整方法

参考動画